7月 2013

Vintage bag

01 02 03 04 05
1940〜1950年代頃のビンテージのPickng bag
アメリカで作られた、手作業で果物などを収穫する際に使用する典型的な形のバケツ。
製作当時から絶えず改良され、今はアルミや金属で作られたものが多いようです。

handy_fruit_picking_equipment_main_400
(※このイメージ画像はリプロダクションのものを使用しています。)

底の部分は布で、前のベルトを外すと底が抜けるようになっていて、
そこから収穫した果物などを取り出し、簡単に移し替える事ができる。


001 002 003 004
フランスのものと思われる1930〜1940年代のレザー製のビンテージFishing bag
発祥はイギリスと言われており、名前の通り釣った魚を入れるためのバックとして製作されたが、
様々な用途でも活用されてきました。

a
(※このイメージ画像はリプロダクションのものを使用しています。)

漁網のようなネット部分はゲームポケットと呼ばれ、当時はコットン製のネットだったようですが
最近ではナイロン製のものが増えているようです。

Top of Page[↑]

保護中: 2013_July

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

Top of Page[↑]

July

2013_07

福岡展示会はshowroomで行います。
お時間がある方は是非お立ち寄り下さい。
※東京展示会に関しましてはお取引先様のみのご案内になります。
ご了承下さい。

また東京展示会に伴い、7/13~7/22の期間はshowroomのsampleを持ち出しております。
その為せっかくお越し頂いても商品をきれいにご覧頂けない状況です。
申し訳ありませんがご理解頂けます様お願い致します。

Top of Page[↑]