2月 2013

ひと手間

1
革は布地と違ってぬいしろ部分を漉き、接着した上で縫い合わせて
コバ処理を施します。
縫い直しが効かないのでとても慎重な作業です。
また、縫った後の糸の始末はヒートカット処理と言い、
焼いてエンドを留めています。

パーツの裁断は裁断機を用いる事もありますが、
ほとんどが型抜きや手切りで、ひとつひとつ丁寧に裁断をします。
洋服でもコートなどで多くても30〜40のパーツですが、
革のバックだと100〜150ものパーツが必要になります。
布地のように重ねて裁断する事も出来ないので、
裁断だけでも地道な作業です。


2
3
4
5
6_01
7

目に見えない部分での時間と手間ひまが掛かっている分、
出来上がりは手の込んだ上質なものになります。


 

Top of Page[↑]

February

Top of Page[↑]