10月 2011

[New Collection]とても普通っぽい・・・


<ひねりポーチ>

左上から時計回りで

チェコリネン×プエブロ:¥29,400/ミネルバボックス:¥38,850

エコムラレス×カウヘアー:¥38,850/高級ハンプ×プエブロ:¥29,400


 


昔のアンティークの鍵穴モチーフを使用し、サイフ、バックなどで使用出来るひねり錠を製作。

鍵穴、ひねりの形などは、全てオリジナルで裏板から製作し、saranamの刻印を入れました。


バックの中は、色染めした麻100%の生地を裏地として使用しています。


シンプルな仕様のバックにハト目を打ち、紐を通しました。

紐の端はあえて片結びにし、ほどいてショルダーの長さを調節したり、

紐を全部抜き取りクラッチバックとしても使用出来ます。

Top of Page[↑]

[Information]同色同素材3






<10ミリスクエアベルト ¥5,250>

極細の10ミリ幅の帯を使用。

コバを丸く落とす事で使っていく内に全体的に馴染み、経年変化を楽しめるベルト。




<15ミリリングベルト ¥5,775>

15ミリのシンプルな帯に対して、間の抜けた感じの丸カンがポイント。




<ロープワンリングベルト ¥8,925>

バックルはオリジナルのロープモチーフ仕様。

定番の40ミリの帯をやや細めの30ミリにし、よりコーディネートが広がる折り返しベルト。

また、手縫い止めをする事で革の暖かさを演出。




<三角ローラーベルト ¥9,450>

バックルはローラー部分が三角になっているものを使用。

帯の縁をネン引きする事で、より引き締まったデザインのベルト。




<ガタDベルト ¥9,450>

ハーネスの経年変化に合う様に、バックルは凹凸のついた歪な物を製作。




<ギリシャベルト ¥8,925>

古代ギリシャ楽器の様な型のバックルに錆びさせたのではなく、ペイントで錆びを表現。

革のエイジングと共にバックルと馴染む仕様。




<デカバックルベルト ¥11,550>

フランスの屋外で使用する工業用のバックルを真鍮で製作。

とても大きく、重たい存在感のあるベルト。




一段目<ウエスタンベルト ¥8,925>

帯の部分はたたいて凹凸感を出し、銀いぶし加工を施した控えめなウエスタンバックルを使用。



二段目<6本メッシュベルト ¥15,750>

ハーネスの厚みのある革を6本メッシュにすることで、目の細かいメッシュベルトを製作。

バックルは革の特性に合わせた歪な凹凸の強いものを使用。



三段目<リーフバックルベルト ¥7,875>

リーフをモチーフにしたバックルを使用する事で、ハードなイメージの帯をよりナチュラルで

シンプルなイメージになるよう製作。



四段目<4本メッシュベルト ¥14,700>

13ミリの太めな革を4本取りしたボリュームのあるメッシュベルト。

使っていく内に凹凸部分に色の濃淡が出てき、人それぞれのエイジングが楽しめる。





今回紹介したベルトの革も、全てハーネスを使用しています。

Top of Page[↑]

[information]同色同素材2







<ベタバックルベルト ¥7,350(税込)>

前回と同様のベルトですが、シンプルな中一バックルを平に幅を持たせ、

薄く伸ばした様なイメージで存在感をだしてます。








<ウエスタンバックルベルト ¥15,750>

ウエスタンバックル仕様。

銀いぶし加工を施し、墨を入れてモチーフの濃淡を出しました。








<刻印ベルト ¥9,450>

ベルトの中で唯一“saranam”の刻印を裏面に入れており、表面はエッジの効いたシンプルなデザインにしています。






<ロープベルト ¥10,290>

ロープバックル仕様。

元々あった10ミリ程の小さなバックルを大きく拡大し、鋳物で製作。 存在感とボリュームのあるベルトです。






<ハトメコダマランダムベルト ¥12,600>

比較的定番のベルト。

帯にこだま、特小こだま、ハトメ等を、使い込む経年変化までを考えたランダムカシメ仕様です。





以上の5本のベルトは、前回同様にアメリカのハーネスの革を使用しています。

Top of Page[↑]

[Showroom Schedule]October

Top of Page[↑]