5月 2010

[Information]古道具


左はイギリス やはり無骨な感じ

右はドメスティック 繊細な感じ

もともと海外では海中に沈めた養殖用のカゴや網を引き上げる為に使われたり、

日本では井戸を冷蔵庫代わりにザル等に食材を入れたり、

井戸に落ちた物を取る際に引っ掛けたり・・・

忍者の七つ道具の一つ、鉤縄にも用いられていたようです。

Top of Page[↑]

[Information]古道具


長い間眠っていたイギリスの古道具

フックの部分は先が尖っている。

時代時代で量産ではなく、人が自分の用途に合わせて機能・デザインを

自分勝手に表現している感じが面白い。


こちらも多分イギリスのファーマーの物だろうもの

もともとは刃物のような鍬のような・・・・・

なんでしょうねーーー。


ことらはアメリカのファーマーのもの

納屋の角に工具を掛けるよう角材に合わせたフック

一つ一つの微妙なサイズも形も違う

Top of Page[↑]

保護中: 【Wholesale Division】2010 SUMMER Volume2

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

Top of Page[↑]

[Information]風化



上:古いアメリカのblacksmithの仕事

下:現在のドメスティックのblacksmithの仕事

素材そのものが持つ独特の風合い。

表面のザラザラしたような凹凸感を表現するのに苦労された様です。

Top of Page[↑]

[Information]blacksmith


左側が古いアメリカのblacksmithの仕事

右側が現在のドメスティックのblacksmithの仕事

熱い鉄を打って作っていく為、先が尖り自然な先端になる。


色んな所の色んな年代の色んなフック。

Top of Page[↑]